FC2ブログ

どらねこ Tomさん の Minoc Plaza

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の Minoc 15/09/21

本日の Minoc の資金は
資金 140,203,722 Gp です。

19日から
2,236,722 Gp です
2百万以上の寄付金ありがとうございます。
市政ストーン 15/09/21

この前と同じく、取引注文数が 1,173回 です。

----------------------------------------------

昨日はUPしたと思っていましたが
出来てなかったみたいなので2日分をUPします

----------------------------------------------
19日 (土) は、「ミニイベント クリエイト・クリエイト2!」へ
行ってきました

UO_NewMagincia_ミニイベント クリエイト・クリエイト2! 15/09/19
チーム戦で限られたスクロールで詠唱し
出されたお題を一番早く出すイベントです
今回はVesper首長が大活躍して、なんとか最下位を
逃れられました。
そういえば、前回もVesper首長さんと一緒だった

楽しいイベントありがとうございました。

----------------------------------------------

20日 (日) 21時から 「【RPセッション】決戦前夜」がありました。
首長さんと市民がBlackthorn城の中庭に集まり

しばらくするとねずみのシェリーが現れて
「会場はブラックソーン王による特殊な結界が張られていて、
ミナックスやその手下による侵入を防いでいるの。」といって
シェリーに案内されて入場ゲートが開き、移動
UO_【RPセッション】決戦前夜」 15/09/20 (1)
そこには、椅子と大きなテーブルがあり
テーブル付近の椅子には名前が書いてあり
とりあえず座ってしばらく待つと
国王様が登場
久しぶりに国王様に会いました
UO_【RPセッション】決戦前夜」 15/09/20 (2)

間もなくしてガーゴイルのザー女王が登場
会談が始まりました
今までのいきさつとか会話し
終わりに差しかかる時に
UO_【RPセッション】決戦前夜」 15/09/20 (3)

ホーーーーッホホホホホ!と
お約束通りに Minax様が登場
UO_【RPセッション】決戦前夜」 15/09/20 (4)
ブラックソーン王による特殊な結界の
おかげで、死者も無く無事に会談は終わりました。

----------------------------------------------

今月も Izumo 自主評議会が行われましたが
後にPECのNaniwaさんの「PEC説明会」が控えてるので
時間短めでおわり
UO_自主評議会 15/09/20
議題内容などは次回に持ち越しとなりました

----------------------------------------------

PECのNaniwaさんの「PEC説明会」のため
NewMaginciaの大花壇前に集合となり
場所を移動
UO_PEC 説明会 15/09/20
イベントの使えるNPC
モンスターの作り方 (?)
使用できるダンジョンなどを
教えてもらいました
首長だからPECさんが手伝ってくれるではなく
プレイヤー全体の誰でもPECさんと
イベントができます
興味がある方は、メールしてみるのも
いいかもしれませんね
メールアドレスは「pec.naniwa@gmail.com」です。

今日も1時回ってしまった・・・


【RPセッション】決戦前夜ログです⇒

Sherry the Mouse: みんな! よく来てくれたわね?
Arthur: Consecrus Arma
Arthur: Consecrus Arma
Arthur: パーティに加わりました。
inochinius: おひさしぶりーー
Alcion: こんばんは!
Miria: こんばんはー
nichijo: こんばんはー
Mont Blanc: こんばんは
Sherry the Mouse: こんばんは!
emiryun: こばはー
Didarro: こんばんは
Arthur: 大サービスだ
Sherry the Mouse: これから会場へご案内するわね。
Giselle: こんばんは
hokotu: Yes?
Orca: こんばんは
Kanon: こんばんば
Treve: こんばんわー
Hazedon: こんばんわ
Sherry the Mouse: でもね、その前にちょっとだけ聞いてほしいことがあるの!
inochinius: ネズミの穴じゃ通れなさそう・・
Sherry the Mouse: まず、会場はブラックソーン王による特殊な結界が張られていて、
Sherry the Mouse: ミナックスやその手下による侵入を防いでいるの。
Sherry the Mouse: ちょっと窮屈かもしれないけど我慢してちょうだいね。
Hazedon: え。。戦闘w
Sherry the Mouse: あと、これから開く入場ゲートはみんなが移動したら閉鎖させてもらうわね。
Sherry the Mouse: 遅れて来た方には申し訳ないけれど、
Sherry the Mouse: いつ良からぬ者たちがこの会議について聞きつけて
Sherry the Mouse: 入り込んでこないとも限らないからどうかご理解いただけたらと思うわ。
Airpork: 私もネズミ焼き好きな
Sherry the Mouse: あ!
inochinius: ん
Sherry the Mouse: 戦闘はだいじょうぶよ!
Sherry the Mouse: ブラックソーン王の結界は
Sherry the Mouse: パーフェクトよ!
Tomato: おー
Miria: おおー
nichijo: フラグ
Sherry the Mouse: だから武器ははずして頂戴ね?
Hazedon: 良かった
mido protein: わなだ
Giselle: すばらしい!
inochinius: はーい
Sherry the Mouse: 王の御前だから。
hokotu: Yes?
You see: ZIRIA
Sherry the Mouse: 丸腰でお願いね?
Sherry the Mouse: yes?
Tomato: はーい
hokotu: Yes?
Arthur: Yes!
inochinius: yes
Sherry the Mouse: ok?
Giselle: Yes!
Miria: Yes
CIELO: おういやぁ
Treve: いえーす!
nichijo: い、いえす
Alcion: 杖はずそう…
Sherry the Mouse: よいお返事!
NINA: yes
Didarro: 了解した
NINA: sir
Sherry the Mouse: 会場の中央は、王、ザー女王、各街首長のお席よ。
Sherry the Mouse: 市民のみんなは傍聴席の方に掛けてちょうだいね。
Sherry the Mouse: くれぐれも中央のお席は空けておいてね!
Hazedon: 久しぶりに陛下が登場されるのか・・・
inochinius: りょーかーい
Sherry the Mouse: そうよ!
Arthur: ほろり…
Sherry the Mouse: 会議が始まったらむやみに歩き回らないでおしゃべりは謹んでね。
Miria: はーい
CIELO: うにうに
Giselle: はい
Sherry the Mouse: 途中で退出される方は、傍聴席の南側にゲートがあるわよ。
Amenouzume: OK
Airpork: ..
Sherry the Mouse: でも、一度退出すると、再入場はできないので注意してね!
Sherry the Mouse: 円滑な会議の進行のために皆さまのご協力をお願いするわ!
Sherry the Mouse: いいかしら?
hokotu: Yes?
Miria: はい
inochinius: 御意!
Tomato: らじゃー
Giselle: 心得ました
Sherry the Mouse: じゃ、行くわよ!
CIELO: あい
Didarro: 心得ました
NINA: はい
nichijo: チャットは?
inochinius: おーー
Orca: 承知しました
Tomato: とつげきー
Didarro: ほほう
Sherry the Mouse: チャットは必要ないけれどよろしければToLへどうぞ。
You see: SilverRein
inochinius: お、シェリーの席もある
Sherry the Mouse: いいかしら?
Arthur: えっ
Arthur: ちょっ
Sherry the Mouse: あらあら
Arthur: 首長こっち!
Sherry the Mouse: アーサーさん
Sherry the Mouse: トリンシックの席は
Sherry the Mouse: そこじゃないわよ?
Alcion: あ…
Vaiusvein: 椅子に名前
Orca: 椅子に都市名が刻まれていますね
Sherry the Mouse: ちょっと一度
Sherry the Mouse: かけてみてくださる?
Amenouzume: パーティに加わりました。
Didarro: 椅子に都市名が記入されてますね
Arthur: すみません
Sherry the Mouse: 首長さんは
Sherry the Mouse: コレで全部?
HAYABUSA-: パーティに加わりました。
Sherry the Mouse: じゃちょっと
Arthur: トムさん!
Sherry the Mouse: つめていただくわね
Arthur: トムさん!
F.Tom: はい
Arthur: 席こっち!
Sherry the Mouse: ユー首長
Sherry the Mouse: こちらへどうぞ
F.Tom: ココか
Sherry the Mouse: もう首長さんは
Sherry the Mouse: いらっしゃらない?
Sherry the Mouse: では
Sherry the Mouse: 間もなく王様がお見えになるので
Sherry the Mouse: お待ちになってね!
Giselle: はい
inochinius: はーい
Miria: はい
Hazedon: ドキドキ
Mimi: はい
You see: King Blackthorn
Sherry the Mouse: あっ!
Hazedon: 陛下のおましだ
hokotu: Yes?
inochinius: びきげんよー
Miria: おー
Sherry the Mouse: いらっしゃったわ!
King Blackthorn: こんばんは。諸君。
inochinius: ごきげんよー
Sherry the Mouse: こんばんは陛下!
Cruel: 御機嫌よう
Vaiusvein: 陛下
Mont Blanc: ごきげんよう
Giselle: お久しぶりです陛下!
Treve: こんばんは!
Alcion: 御機嫌よう陛下
Miria: おひさしゅうございます
nichijo: ごきげんうるわしゅう
NINA: 御機嫌麗しゅうございます陛下
kumahachi: ごきげんよう
King Blackthorn: シェリー、君の席はここだよ。
Hazedon: ごきげんうるわしく陛下!!
Sherry the Mouse: わあ
Giselle: まあ!
Arthur: お久しぶりでございます陛下!
Sherry the Mouse: ありがとうございます!
Treve: 閣下の膝の上でもいいよ
King Blackthorn: うむ。
Sherry the Mouse: ふかふかよ!
nichijo: お座部w
King Blackthorn: 久しぶりだな。
You see: Izumo
Sherry the Mouse: ♪
King Blackthorn: 間もなくザー女王がお見えになるだろう。
Giselle: かわいい・・・
King Blackthorn: 何かと不穏な動きが見受けられる昨今、
King Blackthorn: 協議の結果今回の訪問は非公式となったが、
King Blackthorn: 私のわがままもあってぜひ市民諸君にも立ち会っていただき、
King Blackthorn: 女王をお迎えして差し上げたかったのだ。
[Gengorou]: ザー女王が来るのはめずらしい(・_・;)
King Blackthorn: どうか女王を暖かい拍手で迎えて差し上げてくれ。
King Blackthorn: よろしく頼む。
Sherry the Mouse: はい!
Miria: はい
Arthur: はい
Amenouzume: hはい
inochinius: 御意!
Giselle: 承知しました!
CIELO: はい
You see: Zhah the Gargoyle Queen
inochinius: あ
inochinius: **ぱちぱち**
Miria: ぱちぱちぱち
Giselle: ぱちぱちぱちぱち
Alcion: 御機嫌よう、ザー女王陛下!
ZIRIA: ぱちぱちぱち
NINA: *パチパチ*
kumahachi: パチパチパチ
Tsubaki: ぱちぱちぱち
CIELO: ぱちぱち
King Blackthorn: ザー女王。
ODEN: ぱちぱち
Hazedon: ようこそ女王陛下!
Mimi: ぱつぱちぱち
Sherry the Mouse: ぱちぱちぱちぱち
Sherry the Mouse: ぱちぱちぱちぱち
Yuri: パチパチ
Sherry the Mouse: ぱちぱちぱちぱち
nichijo: ぱちぱちぱち
Cruel: 御機嫌よう女王陛下
King Blackthorn: ようこそお越しくださいました。お待ちしておりましたぞ。
Giselle: ようこそ!女王陛下!
Izumo: 私の女王様!
Belial: ぱちぱちぱち
kumahachi: パチパチパチ
hokotu: Yes?
Zhah the Gargoyle Queen: ブラックソーン王よ!
Alcion: ぱちぱちぱち
Zhah the Gargoyle Queen: またお目にかかれて大変うれしく思います。
Zhah the Gargoyle Queen: 娘のリスタがちょくちょくお忍びでそちらに伺っているようで、
Zhah the Gargoyle Queen: ご迷惑になっていないといいのですが……!
King Blackthorn: *smiles*
King Blackthorn: ご心配には及びませぬ。
King Blackthorn: 最近はすっかりブラックソーン城の者とも顔馴染みになったようです。
King Blackthorn: 自らの危険もかえりみずに行動を起こす姫君のこと、
King Blackthorn: テルマーの王宮でじっとしていられるはずもございません。
King Blackthorn: あなたによく似ていらっしゃる。
Zhah the Gargoyle Queen: 似ているかどうかはわかりませんが、まったくおっしゃる通りですわ!
Zhah the Gargoyle Queen: 向こう見ずではらはら致します。
Sherry the Mouse: *grin*
Zhah the Gargoyle Queen: あの疫病に罹患したときは本当にもう……どうなることやらと思いました。
Zhah the Gargoyle Queen: 私が、リスタが、多くのテルマーの民が、今日笑っていられるのも
Zhah the Gargoyle Queen: 王よ、あなたのおかげです。
King Blackthorn: 当然のことをしたまでです。
King Blackthorn: 美しく聡明な姫君に成長されたようで何よりでございますぞ。
Zhah the Gargoyle Queen: まあ、もったいのうございます!
Zhah the Gargoyle Queen: そして、シェリー!
Zhah the Gargoyle Queen: 最後にあなたにお会いしたのはまだブラックソーン王が即位される前でしたね?
Sherry the Mouse: 陛下!
Zhah the Gargoyle Queen: お元気だったかしら?
Sherry the Mouse: ええ! もちろんですとも!
Sherry the Mouse: またお会いできて光栄でございます。女王陛下!
Zhah the Gargoyle Queen: それはよかったです
King Blackthorn: さあ、どうぞ。こちらへ。
Zhah the Gargoyle Queen: はい
King Blackthorn: 首長の諸君も掛けたまえ。
Arthur: はっ
Alcion: はっ
CIELO: はい!
Amenouzume: はい
F.Tom: はっ
King Blackthorn: では早速始めさせていただこう。
King Blackthorn: ブリタニアの市民諸君! ならびに首長諸君!
King Blackthorn: 本日はテルマーよりザー女王をお迎えし、
King Blackthorn: ブリタニアで起こっている一連の事象について対策するにあたり、
King Blackthorn: お力添えをいただけることになった。
Treve: 上にのらないでよ
King Blackthorn: 私の説明だけでは不十分な部分もあると思われるゆえ、
King Blackthorn: どうか諸君も気兼ねなく発言してほしい。
King Blackthorn: ご承知の通りタイムロードはシルバーゲートを開くために、
King Blackthorn: 必要な4つの宝石を手に入れるため、
King Blackthorn: 過去世ともうつし世ともつかぬ場所へ
King Blackthorn: アバタールとともに諸君を送り込んで来た。
King Blackthorn: これは言わば両刃の剣であり、
King Blackthorn: ミナックス側にも相当数の宝石が渡ったであろうことは容易に推測できる。
King Blackthorn: そもそもシルバーゲートとは何か?
King Blackthorn: 諸君がよく目にする魔法によって開かれる青いゲートとは別に、
King Blackthorn: 過去には青、赤、黒、そしてシルバーゲートが存在した。
King Blackthorn: 一つ言えることは、
King Blackthorn: これらの多くがムーンストーンを用いて空間移動を可能にするものだったが、
King Blackthorn: ブラックゲートとシルバーゲートだけは違っていた。
King Blackthorn: これら二種類のゲートは時間をも超越したのだ。
Arthur: なんと
King Blackthorn: しかしブラックゲートはブリタニアの統治の下に存在したものではなく、
King Blackthorn: 他でもない違法物質であるブラックロックを用いて
King Blackthorn: 月だけではない、天空のもっと強大なパワーを利用しようとしたものだ。
King Blackthorn: そうだろう?シェリー。
Sherry the Mouse: ええ、そうよ!
Sherry the Mouse: 今日はムーングロウ首長がいらっしゃらないけれど、
Sherry the Mouse: ムーングロウの天文学者たちが言うにはこの宇宙では、
Sherry the Mouse: 800年に一度の頻度でブリタニア、二つの月、その他の惑星が一列に並ぶ、
Sherry the Mouse: いわゆる惑星直列が起こるらしいの!
Giselle: !?
Sherry the Mouse: 過去、その瞬間まさにブラックゲートが機能し始めると言われて、
Sherry the Mouse: アバタールたちがガーディアンのブリタニアへの侵入を阻止するために
Sherry the Mouse: 戦ったこともあったのよ!
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: そしてかたやシルバーゲートはタイムドアとも呼ばれ、
King Blackthorn: 非常に不安定ながら、過去存在したときにはTime of Legendsの他
King Blackthorn: 4つの時代とつながっていたと言われている。
King Blackthorn: ミナックスの手によりそれは消失してしまったが、
King Blackthorn: 我々は何としてもTime of Legendsへつながるゲートを再び開き、
King Blackthorn: 姑息にもシャドウガードに今も隠れ、潜む魔女、
King Blackthorn: 我々の悠久の歴史を捻じ曲げようと、虎視耽々と今もその時を伺う魔女を、
King Blackthorn: 表舞台に引きずり出さなくてはならない。
Sherry the Mouse: ………!
Sherry the Mouse: ねえ
Sherry the Mouse: @ロックダウン
Sherry the Mouse: Amanouzumeさん
Amenouzume: はい
Sherry the Mouse: 今、何か聞こえなかった?
Zhah the Gargoyle Queen: ?
Amenouzume: 気のせいですわ
Sherry the Mouse: 女性の笑い声が。
King Blackthorn: ……気のせいだろう?
Arthur: !
Sherry the Mouse: 空耳かしら……!
Zhah the Gargoyle Queen: ほほ……。
Amenouzume: この結界があるのですから
Zhah the Gargoyle Queen: ブラックソーン王の結界は万全ですよ。
Amenouzume: えぇ
Zhah the Gargoyle Queen: 大丈夫よ。シェリー。
Sherry the Mouse: そうよね……
Sherry the Mouse: そうですね! 大変失礼致しました!
Zhah the Gargoyle Queen: ですとも
King Blackthorn: 続けよう。
Zhah the Gargoyle Queen: そうですね
King Blackthorn: Time of Legendsは完全に我々の存在する次元を超えた場所にあり、
King Blackthorn: 今現在は完全にミナックスのコントロール下にある。
King Blackthorn: 背後にアノンが控えていることを考えれば、
King Blackthorn: よしんばタイムロードがそこへシルバーゲートを開くことに成功したとしても、
King Blackthorn: 我々がそこでシャドウガードに到達し、なおかつ勝利する確率は非常に低いだろう。
Sherry the Mouse: シャドウガードもさることながら、
Sherry the Mouse: Time of Legendsという空間がより問題ということね!
King Blackthorn: その通りだ。
Zhah the Gargoyle Queen: しかしそれは……。
Zhah the Gargoyle Queen: 方法はいくつか考えられないこともないですが、
Zhah the Gargoyle Queen: おそらくは複数の魔法を組み合わせた非常に大きな仕事になるでしょう。
Zhah the Gargoyle Queen: Time of Legendsにある限り我々はミナックスに手出しはできませんが、
Zhah the Gargoyle Queen: それはまた逆にミナックスも我々に直接手出しできないと言う事でもあるのです。
Zhah the Gargoyle Queen: それを我々と同じ土俵の上に立たせようと言うことですから、
Zhah the Gargoyle Queen: 失敗すれば多くのブリタニアの民を戦禍に巻き込むことになりましょう。
Zhah the Gargoyle Queen: アノン殿の助力はもはや得られないのでしょうか?
Zhah the Gargoyle Queen: 懐柔する余地はありそうにないのでしょうか?
Sherry the Mouse: 残念ながら……。
Sherry the Mouse: かの王も、サー・デュプレも、アノン殿の背信を確信しています。
Sherry the Mouse: そうよね?Arthur!
Sherry the Mouse: 当時の様子を盗み見ていた者によると、
Arthur: はい
Sherry the Mouse: ミナックスに魔術師としての手腕は師ニスタルに劣り、
Sherry the Mouse: ブラックソーン王のような人望もないなどとからかわれて、
Sherry the Mouse: 激高して我を失ったところに巧みに自尊心をくすぐられて
Sherry the Mouse: 取り込まれてしまったようなのです。
Sherry the Mouse: 魔法使いニスタルとの確執は根深いものがありますから……。
Arthur: デュプレより伺っております
Sherry the Mouse: ええ。
Sherry the Mouse: そうなのよ!
Arthur: かの御仁は有能なれど
King Blackthorn: ふむ……。
Arthur: 長年ニスタル様と比べられてきたコンプレックスから
Arthur: だんだんと性格が歪…
Arthur: ごほん
Sherry the Mouse: そ、そうね!
Sherry the Mouse: 年よりの嫉妬ってめんど……
Sherry the Mouse: !
Arthur: 大変残念なことであります
Sherry the Mouse: 失礼致しました。
Sherry the Mouse: ええと、
Sherry the Mouse: その弟子クレイニンと激しくやりあって
Sherry the Mouse: 統治評議会をあっさり抜けたこともありましたしね。
Arthur: そうでしたね
King Blackthorn: 彼の年はともかく……
King Blackthorn: 確かに彼は少々変わってはいるが、そう心根が悪かったわけでもない。
Sherry the Mouse: *grin*
King Blackthorn: 何事もやや結論を急ぎ過ぎるきらいがあるのも
King Blackthorn: 一刻も早く事態を収拾したいという気持ちがあればこそだろう。
Granny: パーティに加わりました。
King Blackthorn: そして何よりも彼は稀有な才能を持った魔術師だ。
Arthur: はい
King Blackthorn: だが、ミナックスにとってアノンなど捨て駒に過ぎないだろう。
King Blackthorn: 彼を失うのは忍びないし、何とかしてやりたい。
King Blackthorn: かつてかの王とタイムロードの、シャードを再統合させるという計画に、
King Blackthorn: 疑念を抱いていた頃の自分を思い出すよ。
Sherry the Mouse: そうして当時のあなたは
Sherry the Mouse: 「アナーキズムへの思慮深き呼びかけ」を著したのでしたね。
King Blackthorn: そうだ。
King Blackthorn: 全体のために個を犠牲にしないという私の主張はゆるぎない。
King Blackthorn: 今回も王としてただやみくもに異を唱えることもできただろう。
King Blackthorn: しかし、事が起こって以来、
King Blackthorn: アバタールに率いられて諸君が戦いに赴くことを私は黙認して来た。
King Blackthorn: タイムロードのご意向に沿いながらも、
King Blackthorn: 国民を守る方法がきっとあると思ったからに他ならない。
Zhah the Gargoyle Queen: そうは申されましても……。
Sherry the Mouse: *nods*
Zhah the Gargoyle Queen: またエクソダスの時のように王が自らを差し出し、
Zhah the Gargoyle Queen: 悪しき者の手に囚われるようなことがあっては
Zhah the Gargoyle Queen: ブリタニアは再び君主が不在となってしまいます。
Zhah the Gargoyle Queen: どうかくれぐれも無謀なことはなさらぬよう!
King Blackthorn: ザー女王。
King Blackthorn: もちろんそのつもりです。
King Blackthorn: それに、タイムロードにはタイムロードの我々の人智を超えた、
King Blackthorn: 壮大なる企みがあるのであろうこともわかっています。
King Blackthorn: あるいはこうしている間にも、
King Blackthorn: ミナックスとタイムロードの間には何らかの攻防が常にあるのかも知れない。
King Blackthorn: 我々にできることなど実は非常に限られているのかも知れない。
Sherry the Mouse: 確かに。
Sherry the Mouse: そこかしこにそういった攻防の気配と言いますか、
Sherry the Mouse: 痕跡を感じることはありますわ!
King Blackthorn: ほほう。と言うと?
Sherry the Mouse: ねえAlcionさん!
Sherry the Mouse: あなたはシャミノにお会いになったの?
Alcion: はい
Sherry the Mouse: サールダシル城で
Sherry the Mouse: 奇妙なゼリー状の生物を見なかった?
Sherry the Mouse: 水色よのやつよ!
Alcion: ゼリー状…ですか
Sherry the Mouse: ええ
Sherry the Mouse: あれはね!
Sherry the Mouse: ゼラチナスキューブというの!
Alcion: ああ
Sherry the Mouse: それがタイムロードが時空間に干渉した結果、
Sherry the Mouse: 偶然入りこんだものならいいのです。
Sherry the Mouse: けれどもしそれがミナックスの仕業だとしたら?
Sherry the Mouse: かつてモンディンが崩御した際には多くの悪しきモンスターたちが滅びましたが、
Sherry the Mouse: ゼラチナスキューブもその時に絶滅したはずなのです。
Sherry the Mouse: もちろん、まだ断定するには調査が必要ですけども、
Sherry the Mouse: ミナックスが混乱に乗じてそういった生物を現在に蘇らせようとしているのだとしたら
Sherry the Mouse: それはとても恐ろしいことだと。
King Blackthorn: 確かにここ数か月の間の出来事は、
King Blackthorn: 完全に時間の流れを超越して展開している。
King Blackthorn: 故意にか偶然にか悪しきものが時空の隙間に入り込んでしまうことはあるだろう。
Alcion: サールダシル城に我々が到達するのを
Sherry the Mouse: ええ
Alcion: 妨害していた結界のような魔力を
Alcion: 発していたもの
Alcion: でしょうか
Sherry the Mouse: なんですって!
Alcion: それを打ち壊すことで
Alcion: 我々とシャミノ様は
Alcion: 城内へ潜入することが
Alcion: できたと記憶しております
Sherry the Mouse: そういえばそうね!
Sherry the Mouse: ミナックスが
Sherry the Mouse: 奇妙な結界を張っていたわ!
King Blackthorn: ふむ。
Sherry the Mouse: あの岩場からロープで城の中へ入ったのよ!
King Blackthorn: モントーのゴブリンが目撃されたとも聞いている。
Sherry the Mouse: 大変だったの!
Sherry the Mouse: ええ。
King Blackthorn: そうだな。
Alcion: はい、仰せの通りでございます
Zhah the Gargoyle Queen: なるほど
Sherry the Mouse: あれも過去にとっくに絶滅したはずのゴブリンよ!
Sherry the Mouse: やっぱりおかしいわ!
Arthur: 時間が歪んでいる…ということでしょうか
Sherry the Mouse: 今までを振り返ってみても
Sherry the Mouse: そうとしか思えないことがたくさんあるわよね。
Sherry the Mouse: 陛下!
You see: Angelica
King Blackthorn: そうだな。
Sherry the Mouse: ほら!
King Blackthorn: マラスの地ではサー・ジョフリーが諸君を率い、
King Blackthorn: およそ500年の月日を経て目覚めたドラゴンと戦った。
Sherry the Mouse: *nods*
King Blackthorn: 騎士とネクロマンサーそれぞれの後進の教育に生涯を捧げながら、
King Blackthorn: その秘術がリッチに姿を変えた弟子に悪用されるという
King Blackthorn: 教育者の悲劇を目の当たりにしたと聞いている。
Arthur: 二人の始祖は
King Blackthorn: フェルッカの地ではサー・デュプレが諸君を率い、
King Blackthorn: どうぞ。
Sherry the Mouse: ええ
Sherry the Mouse: グレインとモ―ディンのことね?
Arthur: ともにトリンシックの出身でしたね
King Blackthorn: 続けて。
Arthur: はい
Sherry the Mouse: そうよ!
Sherry the Mouse: *smiles*
Arthur: も、申し訳ありません
Arthur: それだけです
Sherry the Mouse: お父様は亡くなってしまったけれど
King Blackthorn: トリンシック首長殿はそれを聞いて何か思うところがあったのかな?
Arthur: そうですね
Arthur: これまで我々パラディンは
Arthur: ネクロマンシーの技術を
CIELO: 王よ
Arthur: 生を冒涜する呪わしいものと考え
Arthur: 忌避してまいりましたが
CIELO: スカラの首長が
Sherry the Mouse: うんうん
CIELO: こられましたが
CIELO: はいれないですかあ?
King Blackthorn: お見えになられたか。
Sherry the Mouse: ではお迎えに参りましょうか?
King Blackthorn: 少し待ってくれ。
Alcion: お心遣いありがとうございます
King Blackthorn: スカラブレイ首長殿はいまどこに?
King Blackthorn: シェリーが探しているようだ。
kumahachi: お城の中庭に
kumahachi: いるそうです
You see: Cloth Road Duchess of Skara Brae
Arthur: ムーングロウ首長もきているようです
Alcion: ダイ様、クロス様
Alcion: こちらです
Dai: ぷに
Giselle: こんばんは
Cloth Road: 陛下
Cloth Road: 遅刻しまして
Cloth Road: 申し訳ございません
King Blackthorn: 着席したまえ。
Dai: ぷにもー
Cloth Road: はい
Cloth Road: パーティに加わりました。
King Blackthorn: ありがとう、シェリー。
CIELO: 大様
Sherry the Mouse: 失礼致しました。
CIELO: ダイ様
Arthur: お疲れ様でした
CIELO: と
Sherry the Mouse: お席はよろしいですか
Alcion: シェリー様ありがとうございます
CIELO: クロス様
Sherry the Mouse: いえいえ
CIELO: 席が
Cloth Road: はい
CIELO: TT
Rinse: 逆
Sherry the Mouse: そのままで
Sherry the Mouse: けっこうですわ
Vaiusvein: 椅子に都市銘
Treve: スカラとムーンの席が逆みたい
Sherry the Mouse: お席の名前
Sherry the Mouse: 確認してくださる?
Cloth Road: はい
Sherry the Mouse: あってます?
Cloth Road: ええ
CIELO: OKですね
Cloth Road: ありがとうございます。
Dai: だいじょぶ
King Blackthorn: Arthur殿が途中だったな。
Sherry the Mouse: 王様
King Blackthorn: 続けて構わないか?
Sherry the Mouse: 大変失礼致しました。
Arthur: はい
Arthur: どうぞ
Arthur: えー
Sherry the Mouse: ええと
Sherry the Mouse: 御兄弟のお話を
Sherry the Mouse: されてたのよね?
Arthur: そうでしたね
King Blackthorn: パラディンとネクロマンサーについては、歴史の中に学ぶことも多い。
Sherry the Mouse: そうね。
Arthur: はい
King Blackthorn: 相反する局面の両方を見ることが大事だ。
Arthur: そのとおりです
Sherry the Mouse: でも現在のブリタニア人は
Sherry the Mouse: パラディンと
Sherry the Mouse: ネクロマンサーの
Sherry the Mouse: 能力をあわせもった戦士が多数いるのよね?
Arthur: はい
Sherry the Mouse: もう既に水面下では
Sherry the Mouse: 和解しているのではないかしら?
Sherry the Mouse: *smiles*
Arthur: そうかもしれません
King Blackthorn: ふふ。
Sherry the Mouse: はっ!
Sherry the Mouse: 私ったら!
Sherry the Mouse: しゃべりすぎよね?
Sherry the Mouse: すみません!陛下!
Zhah the Gargoyle Queen: 良くご存知で
King Blackthorn: 話の筋を戻そう。
Sherry the Mouse: 続きを……!
Sherry the Mouse: ><
King Blackthorn: うむ。
King Blackthorn: フェルッカの地ではサー・デュプレが諸君を率い、
Sherry the Mouse: gぬくぬく
King Blackthorn: 実父であるウォルフガング王を殺めたモンディンの身勝手さと、
Arthur: *おひざに…!*
King Blackthorn: 飽くことなき野望の残骸とも言うべき、
King Blackthorn: いまだ解けぬ墓所にかけられた呪いを目にしたと聞いている。
King Blackthorn: トクノの地では動物たちの言葉を聞き分ける
King Blackthorn: 不思議な力を持ったドルイドのイアナが、
King Blackthorn: 諸君を海上の戦いへといざなった。
King Blackthorn: その時に現れたイクチも、
King Blackthorn: かつてロンドリン皇帝の記録を命懸けで守った侍が、
King Blackthorn: 500年の昔に対峙した化け物だったはずだ。
King Blackthorn: そしてイルシェナーの地ではシャミノが諸君を率い、
King Blackthorn: 自らの歴史に決着をつけるべく、
King Blackthorn: 戦いのさなか帰ることの叶わなかった居城へ500年ぶりに戻り、
King Blackthorn: かつての婚約者とその父君と対面する場面を目にしたと聞いている。
Sherry the Mouse: それぞれの地でサファイア、ルビー、エメラルド、ダイヤモンドを手にし、
Sherry the Mouse: アバタールたちはそれをタイムロードに届けました。
Sherry the Mouse: これだけ見れば準備は万端なはず……。
Zhah the Gargoyle Queen: そうですね。
Zhah the Gargoyle Queen: あとは必要なマナと呪文さえあればタイムロードが事を成し遂げることでしょう
King Blackthorn: 私の使命はタイムロードのご意向に沿いながらも王として国民を守ることだ。
King Blackthorn: 一連の出来事は宝石を手に入れるために、
King Blackthorn: あえてタイムロードがなさったことではあるが、
King Blackthorn: 君が先ほど言ったようにそれに乗じたミナックスやアノンが
King Blackthorn: 良からぬことをする可能性は十分にある。
King Blackthorn: シャドウガードの中で一体何が行われているかは我々は知る由もないが、
King Blackthorn: こちらの動きを察知したミナックスが既に準備をしていることも考えられるだろう。
King Blackthorn: 過去、九つの街は幾度となく悪しき者たちによる災厄や侵攻に見舞われて来た。
King Blackthorn: ザー女王も指摘されたように街に被害が及ぶことは何としても避けたい。
Zhah the Gargoyle Queen: ええ
Sherry the Mouse: 過去の侵攻が再び……?
Sherry the Mouse: 恐ろしいこと!
Arthur: !
Sherry the Mouse: CIELOさん!
Sherry the Mouse: ブリテインが亜人種の、
Sherry the Mouse: とりわけGeneralsと呼ばれる高抵抗のモンスターの脅威に晒されたときのことは
Sherry the Mouse: 忘れられないわよね?!
Sherry the Mouse: 後年は他の街も一様にベインの選民による侵攻、
Sherry the Mouse: そして復讐に燃えるミナックスの侵攻を受けています。
Sherry the Mouse: ねえ?
Sherry the Mouse: Alcionさん!
Alcion: …マジンシアが
Dai: Expor Flamus
Sherry the Mouse: バーチューベインを覚えているわよね?
Sherry the Mouse: うんうん!
Alcion: 焦土と化した事は
Alcion: 忘れられるはずも
Dai: puni
Alcion: ございません
Dai: う、うん
Sherry the Mouse: そうよ!
King Blackthorn: ……。
Sherry the Mouse: マジンシアはベインの選民による侵攻の始まりの地であり、
Sherry the Mouse: また、最終決戦の場でもありました。
Sherry the Mouse: バーチューベイン自身もさることながら、
Sherry the Mouse: ヘルハウンドを覚えていらっしゃる?
Sherry the Mouse: すごい機動力だったわよね?!
Sherry the Mouse: 彼らはベインの選民が姿を変えたものだとも言われており、
Sherry the Mouse: バーチューベインがまだクリスタルの欠片を持っていることを考えれば、
Sherry the Mouse: 絶対にふたたびブリタニアに戻ることがあってはならないモンスターです。
Zhah the Gargoyle Queen: クリスタルとは、あの有名な
Zhah the Gargoyle Queen: 二面性のクリスタル(Crystal of Duplicity)のことですね。
Zhah the Gargoyle Queen: ニスタル殿がトランメルを創造するにあたって用いたあの……。
Zhah the Gargoyle Queen: そもそもそのクリスタルがまだマジンシアにあると思い込んでいた
Zhah the Gargoyle Queen: バーチューベインにより、マジンシアは破壊されたのでしたね。
Sherry the Mouse: ええ! ザー女王!
Sherry the Mouse: あれは痛ましい事件でした!
Zhah the Gargoyle Queen: ええ
Sherry the Mouse: ねえArthur!
Arthur: はい
Sherry the Mouse: トリンシックも城塞都市となる前は
Sherry the Mouse: どこよりもたくさんの侵攻を戦い抜いて来たわよね?
Arthur: そのとおりです
Arthur: しかし自慢の城塞も
Arthur: 10数年前の
Arthur: ミナクス率いる亞人軍の攻撃で
Arthur: 一度は陥落致しました…
Sherry the Mouse: ええ……!
Arthur: 城門の前に
Sherry the Mouse: あとジュオナールを覚えているかしら?
Arthur: 勇敢な騎士たちの遺骸が
Arthur: 延々と晒し者にされた
Sherry the Mouse: ええ……!
Arthur: あの悪夢の光景は
Arthur: 今もトリンシック市民にとって
Arthur: 忘れられぬ傷です
Sherry the Mouse: そうね……!
Didarro: 思い出したくもないですね
Sherry the Mouse: ><
Sherry the Mouse: そういう過去のモンスターたちが
Sherry the Mouse: ふたたびブリタニアを侵攻することはあるのかしら?
Sherry the Mouse: 陛下!
King Blackthorn: 可能性の一つとして十分気を付けなくてはならないが、
King Blackthorn: まだそうと決まったわけではない。
King Blackthorn: ただ一つ言えることは我々はやはりタイムロードの計画を支援し、見守るべきだ。
King Blackthorn: しかし、一方で街を守るための備えをしなくてはならない。
Zhah the Gargoyle Queen: シャドウガードはミナックスにとって要塞であると同時に
Zhah the Gargoyle Queen: 堅固な牢屋でもあるのです。
Zhah the Gargoyle Queen: ミナックス自身にとっても大きな賭けになるでしょうが、
Zhah the Gargoyle Queen: そこをうまく突けばシャドウガードを白日の下に晒すこともできるかも知れません。
Zhah the Gargoyle Queen: そして、街の安全も守ることができるかも知れません。
Zhah the Gargoyle Queen: それには……!
Zhah the Gargoyle Queen: *ブラックソーン王に耳打ちする*
Sherry the Mouse: !
King Blackthorn: シェリー!
King Blackthorn: ヘクルスのところに行って、秘薬の在庫を調べて来てもらえるか?
Sherry the Mouse: はい!
Sherry the Mouse: かしこまりました。陛下!
Sherry the Mouse: *メモを受け取る*
Alcion: *秘薬…?*
Arthur: 再び秘薬を媒介に
Arthur: 強力な結界でも…?
King Blackthorn: ………。
King Blackthorn: 秘薬が用意できたとしても、これを行うためには甚大なマナが必要となる。
King Blackthorn: タイムロードがゲートを開くための呪文の発掘も
King Blackthorn: おそらくは大きな困難を伴うであろう。
Zhah the Gargoyle Queen: ご心配には及びませぬ。
Zhah the Gargoyle Queen: ブラックソーン王よ。私とテルマーがお力になりましょう。
Minax the Sorceress: ホーーーーッホホホホホ!
You see: Minax the Sorceress
Zhah the Gargoyle Queen: !!!
Arthur: !!!
inochinius: わ
Giselle: !??
Minax the Sorceress: 有翼の人間気どりの化け物が! そこまでだ!
Didarro: む
Treve: !!
Mimi: む
Alcion: !?
King Blackthorn: !!
Cloth Road: !!?
King Blackthorn: ミナックス! どうやってこのシールドを抜けて来たのだ!
Dai: うわ
NINA: ミナックス!?
Hazedon: お行儀が悪いなw
Zhah the Gargoyle Queen: ………!
Minax the Sorceress: *フフン*
Minax the Sorceress: こんな小手先のシールドが役に立つとお思い?
Arthur: くっ
Minax the Sorceress: 黙って聞いておれば好き勝手を言いおって!
Arthur: 剣があれば…!
Minax the Sorceress: シャドウガードは渡さぬ!
Minax the Sorceress: おもちゃを隠しな!
Arthur: おのれミナクス!
Giselle: おもちゃ!?
Minax the Sorceress: このガキ!
Minax the Sorceress: 絶対に渡さぬ!
Minax the Sorceress: どこにあろうともお前らなど一網打尽にしてくれるわ!
Minax the Sorceress: うっ……!
King Blackthorn: 動けまい! ミナックス! よく聞け!
King Blackthorn: このまま逃げおおせると思わないほうがいいぞ?
Zhah the Gargoyle Queen: そうです
Minax the Sorceress: ええい! いまいましい!
Minax the Sorceress: こうしてくれるわ!
You see: Anon's minion
Zhah the Gargoyle Queen: ?!
You see: Anon's minion
inochinius: ぬ
You see: Anon's minion
Giselle: !?
F.Tom: 遠すぎます。
Zhah the Gargoyle Queen: 逃げた
Zhah the Gargoyle Queen: どうやらシールドのおかげでモンスターは弱体化したのでしょう。
Zhah the Gargoyle Queen: 危ないところでした。
Giselle: 驚きました・・・
Zhah the Gargoyle Queen: そうですね
Zhah the Gargoyle Queen: まさかね
nichijo: どうやって入ってきた?
Alcion: 結界の中に…
King Blackthorn: まったくだ。
King Blackthorn: ……。
Zhah the Gargoyle Queen: 私は大丈夫です
Zhah the Gargoyle Queen: ありがとう
King Blackthorn: 皆も怪我はないか?
Cloth Road: はい
Giselle: はい!
hokotu: Yes?
Alcion: はっ
Hazedon: 大丈夫でした陛下
Dai: puni
Zhah the Gargoyle Queen: よかったです
Amenouzume: はい
King Blackthorn: うむ。
ZIRIA: はい
Sherry the Mouse: あらあら!
Sherry the Mouse: テーブルが焦げているわよ?
Sherry the Mouse: 王様も女王陛下もちょっと気が早いのじゃなくて?
Zhah the Gargoyle Queen: そうなのよ
Sherry the Mouse: ???
Zhah the Gargoyle Queen: *smiles*
King Blackthorn: ちょっとしたハプニングだ。
Giselle: ちょっと焼肉パーティーを・・・
Zhah the Gargoyle Queen: ちょっと練習をしただけよ。シェリー。
Zhah the Gargoyle Queen: ブラックソーン閣下。
Zhah the Gargoyle Queen: じきにまたお目にかかりますわ。
Zhah the Gargoyle Queen: ブリタニアの皆さん!
Zhah the Gargoyle Queen: 私は準備のためにいったんテルマーへ戻ります。
Zhah the Gargoyle Queen: ごきげんよう!
Sherry the Mouse: ごきげんよう女王!
King Blackthorn: ごきげんよう女王!
inochinius: ごきげよー
Hazedon: おきをつけて!
Amenouzume: お気をつけてお戻りください
hokotu: Yes?
emiryun: ごきげんよう
Alcion: 御機嫌よう
nichijo: ごきげんよう
Cloth Road: ごきげんよう
Tomato: おたっしゃでー
Mimi: ごきげんよう
Miria: ごきげんよう
F.Tom: ごきげんよう
Arthur: 御機嫌よう!
ZIRIA: ごきげんよう
kumahachi: ごきげんよう
CIELO: ごきげやう
NINA: ごきげんよう女王!
Giselle: ごきげんよう!
Dai: ぷに
King Blackthorn: ブリタニアの諸君!
King Blackthorn: 忙しくなるぞ!
King Blackthorn: 諸君におかれてはどうか最後までタイムロードを支えてしっかり戦い抜いてほしい。
Cloth Road: はい。
Alcion: 全力を尽くします
Dai: むふー
Arthur: 仰せのままに
inochinius: 心得申した!
King Blackthorn: うむ。
Giselle: がんばります!
Dai: ぷにもー
King Blackthorn: 本日はお集まりいただき、ありがとう。
King Blackthorn: また近々お会いしよう。
Belial: はーい
Sherry the Mouse: *nods*
King Blackthorn: ブリタニア万歳!
Sherry the Mouse: ブリタニア万歳!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomminoc.blog.fc2.com/tb.php/311-f3a9a34e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。